2010年06月15日

腎機能低下犬の食事



Health food for dogs


dog food


腎機能低下犬の食事

腎臓の働きは、体内でできる老廃棄物、有害物質など、体の中の不必要な物質をろ過することです。

犬の腎臓機能が低下する代表的な病気は、腎炎やネフローゼ症候群などですが、細菌やウィルスによる感染症が原因になることが多いといわれています。

しかし、犬にパンなど塩分が多いものをあげている、有害物質が多いフードを食べている、肉などが多すぎてタンパク質過剰になっているなど、食に問題があって腎臓を悪くしている犬も多くいます。

★腎機能を低下させる食の要因

「塩分の取りすぎは腎臓の負担を高めます」。

肉や魚などには味付けをしていなくても塩分が微量含まれているので、実質的には塩分を加えないものが犬には塩分の適量になります。

パンやソーセージやハム、味付けされた肉や魚などは、犬の腎臓に大きな負担をかけます。

★有害物質が含まれているフードは、腎臓の負担に!

家禽肉・鶏肉副産物・トウモロコシ類・大豆・動物性脂肪などの原材料表示がされている。

食品産業廃棄物や食肉検査に不合格の肉、残留農薬基準値を超えている農作物など、人間の食品に適さない「非食用」原材料を使ったドッグフード。

エトキシキンやBHAなどの人間に使用が禁止されている合成酸化防止剤やホルマリンなどの化学薬品などの有害物質が多いドッグフード。

多くの半生タイプフードに使われているプロピレングリコールなどの有害物質は、犬の肝臓だけでなく腎臓にも大きな負担になっています。

★タンパク質は、体内に蓄積しないので過剰な場合には腎臓に負担をかけます」。

タンパク質は、脂質や炭水化物のように体に蓄積しておくことができないので、タンパク質の過剰摂取は腎臓で余剰分をろ過するので犬の腎臓に大きな負担をかけてしまいます。

★摂取エネルギーが不足すると、腎臓に負担をかけます」。

摂取エネルギー(カロリー)が不足すると、体の筋肉を分解して使うことになるので、犬の肝臓と腎臓に大きな負担をかけてしまいます。

ダイエットのためのフード減量は危険です。

★犬の腎機に負担をかけない食事

ドッグフードでは塩分過剰にはならないので、パンやケーキやお菓子、ソーセージやハム、味がついた肉や魚や野菜を犬にあげないようにする。

ストルバイツ結石の療法食の一部で、塩分を多くして喉が渇くようにして水分摂取量を増やすようにしているものがあり、それで腎臓を悪くした犬がいるので注意!!


★良質なタンパク質を

肉と野菜だけのフードや生食フードなどでは、タンパク質の適量を間違わないように!!


★摂取エネルギーが不足しないようにする

食事から摂取するエネルギー(カロリー)が、消費エネルギーより少ない場合には、体の脂肪を使ってエネルギーにして、それでも不足する場合には、自らの筋肉を分解してエネルギーにしようとします。

特に、筋肉を分解してエネルギーにすることは、肝臓と腎臓に大きな負担をかけてしまいます。

栄養素のバランスが良い食事を、犬の基礎代謝エネルギーと活動エネルギーにあわせて適量与えることが大切なことです。

★よく運動させること。

★ダイエットフードやシニア用フードの多くは、タンパク質が少なく高炭水化物のフードなので、筋肉や免疫抗体など体をつくる栄養素が不足することが多いので、栄養のバランスが良いフードにすることが犬の体力と免疫力を高めるコツです。

★園長のおススメ

サーモン・ダックなどを使ったドッグフードが、腎臓の負担を極力減らして腎臓の再生にも理想的なフードです。





ニックネーム Buddy Dog at 09:31| Comment(0) | 食事で健康に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
新着記事